ピンクゼリーの保存方法、使用期限、安全性は?気になる事全部解決!

f:id:cmayumama:20180520150958p:plain

ピンクゼリーや産み分けゼリーを使用する時、

安全性、使用方法、使用期限、他の産み分けゼリーとの違い、

購入方法、使った後の保管の仕方、成功する確率、障害が起こるリスク、

容器や素材の安全性…心配事はつきませんよね。

 

ネット上の掲示板等でも産み分けゼリーやピンクゼリーへの質問をよく見かけます。

 

それだけ赤ちゃんの産み分けに関して、

多くの方が興味や関心を持っているのだと思います。

 

そこで、多くの方が持っている疑問や気になる事を

この記事でわかりやすくQ&A形式で説明したいと思います。

 

※当記事で言う”ピンクゼリー”は、ジュンビー株式会社の「ピンクゼリー」の事です。

病院やクリニックで使われるゼリーの正式名称は「Pink jelly」と英語表記です。

この二つを区別するために、当サイトではジュンビーのピンクゼリーを

「ピンクゼリー」と呼び、病院で使われるゼリーを「病院のピンクゼリー」

と呼びます。

 

 

もくじ

Q1.ピンクゼリーはどんな成分からできていますか

A.ピンクゼリーの主成分は「精製水」です。

保湿力を高めるためにグリセリンヒアルロン酸ナトリウムを配合しています。

粘性を上げるためにヒドロキシエチルセルロース、

膣内の環境を整えるために乳酸、膣内のpHを調整するためにクエン酸ナトリウム、

品質安定のためにパラオキシ安息香酸メチルが使われています。

人の体に含まれている成分を使い、品質には徹底的にこだわっている様です。

これまでに副作用が起こったと言う報告はないと公式サイトに

書かれていますので、安心して利用できますね。

病院やクリニックで使われるピンクゼリーは

残念ながら全成分非公開のためどういった成分で作られているのかわかりません。

 

 

Q2.ピンクゼリーの副作用や産み分けゼリーを使って障害を持った赤ちゃんが産まれるリスクが高まるますか

A.ピンクゼリーを使う事で、障害や副作用が起こったと言う報告は

これまでにありません

その事は公式サイトに明記されています。

 

障害や奇形児の発生は、染色体異常や放射線、感染症などによるものが

ほとんどで、産み分けゼリーが原因でそのような障害が起こるリスクは

低いと考えられます。

 

Q3.ピンクゼリーの使用で流産しやすくなりますか

A.ピンクゼリーと流産は関係ありません。

 

流産する多くの原因は、染色体の異常によるものです。

ピンクゼリーは女性の膣内で、精子のX染色体が優位になるような環境にする

産み分けグッズで、染色体には影響しません。

 

流産の原因にはいくつかありますが、染色体異常で起こったり、

内分泌異常や免疫学的異常、子宮内の異常、感染症、内科的合併症

などが原因としてあげられます。

 

ピンクゼリーが影響することで流産が起きてしまう事は考えにくいです。

 

Q4.ピンクゼリーを使って双子を妊娠する確率は上がりますか

A.ピンクゼリーを使う事で、双子が生まれると言う可能性は高まりません。

 

双子を妊娠するには、2つの卵子が排卵された場合か、

もしくは1つの卵子に2つの精子が受精することで成立します。

 

ピンクゼリーは影響しません。

 

Q5.ピンクゼリーや産み分けゼリーはどこで購入できますか

A.ピンクゼリーは通信販売で購入することができます。

 

類似品も回っているので公式サイトからの購入がオススメです。

 

公式サイトから2箱以上のまとめ買いをすると、購入特典として

「葉酸サプリ」や買ったけど使わずに残った商品を買取ってくれる

返金サービスを受ける事ができます。

 

詳しくは公式サイトをご確認ください。

 

病院で使われるピンクゼリーは見分けネットと言うサイトから購入できます。

 

Q6.ピンクゼリーはアマゾン(Amazon)や楽天で買えますか

A.ピンクゼリーの正規品は公式サイトからでしか購入できません。

 

アマゾンや楽天でピンクゼリーと検索すると様々な商品が見つかります。

中には類似品や偽物の可能性もあります。

 

確実に正規品を購入したいなら公式サイトでのご購入をおすすめします。

病院で使われるピンクゼリーは、楽天やアマゾンでも購入できます。

また産み分けネットと言うサイトでも通信販売されています。

 

Q7.ピンクゼリーと他の産み分けゼリー(ハローベビーゼリー・ベイビーサポート)の違いは何ですか

A.ジュンビーのピンクゼリーと他の産み分けゼリーの大きな違いは、

「管理医療機器」の認証を受けているかどうかです。

 

管理隣医療機器の認証を受けているのはジュンビーのピンクゼリーだけです。

それ以外の産み分けゼリーは管理医療機器の認証を受けておらず、雑貨に分類されます。

 

管理医療機器の認証を受ける事で、初めて膣内への使用がみとめられます。

そのためジュンビーのピンクゼリーは安心して体内へ挿入できます。

 

さらに産婦人科医の先生と共同開発された産み分けゼリーなので

使い勝手も良く、安心して使えます。

 

Q8.ピンクゼリーの正しい使い方を教えてください

f:id:cmayumama:20180130233614p:plain

1本ずつ個包装されているので、袋から開けて先端のキャップをはずし

シリンジを持って膣内に挿入します。

挿入後はゆっくりシリンジのピストンを押し出し、ゼリーを膣内に入れます。

使用後は使い捨てのシリンジのためそのまま廃棄できます。

病院で使われるピンクゼリーは、使う前に湯せんでゼリーを溶かします。

1回分ずつ注射器で吸い上げて使います。

シリンジは使い回しのため、キレイに洗います。

※湯せんするので、膣内への注入の際にはゼリーの温度に注意が必要です!

Q9.ピンクゼリーの保存方法で気をつける事はありますか。使用期限はどのくらいですか。

A.使用期限は袋に記載されています製造日から2年以内に使い切りましょう。

 

Q10.ピンクゼリーを使用後、ゼリーが膣から漏れてきましたが大丈夫ですか

A.ピンクゼリーの使用はごく少量ですので漏れてくる可能性は低いです。

 

もし万が一、漏れてきても心配はありません。

不快であればナプキンを当てるなどして対応してください。

 

Q11.病院で購入する場合は保険適用の対象ですか

A.自由診療のため保険は適用されません

 

Q12.オークションで中古品を購入しても品質や安全性は大丈夫ですか

A.オークションでの購入はおすすめしません。

 

類似品も出回っていますし、正規品の保証がありません。

 

膣内に入れるデリケートな商品ですので、安心安全に使える商品を選びましょう。

 

Q13.ピンクゼリーや他の産み分けゼリーのコスパを教えてください

他の産み分けゼリーとして、「ハローベビーゼリー」と「ベイビーサポート」

のコスパを比較しました。

 

ジュンビー

ピンクゼリー 

ハローベビー

ゼリー 

ベイビーサポート 

病院の

ピンクゼリー

内容量  1.7mL×10本  1.6mL×7本  4.5mL×10本   5回分  

価格 

単品

2セット

3セット

 14,800円

26,600円

38,400円

 10,000円

18,800円

25,500円

 13,800円

22,080円

28,980円

 

1瓶あたり

10,800円

サイト登録料

5,000円

 

1本あたりの価格

単品

2セット

3セット 

 

1,544円

1,330円

1,280円 

 

1,514円

1,285円

1,214円 

 

1,917円

1,577円

1,280円

 

1回あたりの価格

3,000円

公式HP ピンクゼリー ハローベビーゼリー  ベイビーサポート   ピンクゼリー

 

 

Q14.女の子の産み分けが出来るメカニズムを教えてください

A. 性別を決定しているのは、男性の精液の中にある精子の性染色体によります。

Y染色体が卵子と受精すると『男の子』を、X染色体が受精すると『女の子』を妊娠

します。このY染色体とX染色体は、酸性度や寿命、運動性に関してそれぞれの特徴

があります。その性質を利用して生み分けが可能となります。

また、産み分けにはいつ性交するかの排卵日とのタイミングも重要です。産み分け

妊活はもちろんですが、赤ちゃんが欲しいと思ったら、自分やパートナーの排卵周

 期をまずは知る事もとっても大切になります。

 

Q15.ピンクゼリーで女の子の産み分けができる仕組みを教えてください

A.女の子の性別を決定するX染色体は酸性に強い特徴があります。

ピンクゼリーを使う事で、女の子を妊娠しやすい環境にするための

膣内の酸性度を高くする作用があります。

 

Q16.ピンクゼリーや女の子の産み分け方法を実践して成功する確率はどのくらいですか

A. 男の子で約73%、女の子で約74%との報告があります。

臨床試験の様な正確なデータの報告はありませんが、産み分けを指導されている

産婦人科医の先生方でつくられている「生み分けネット」では男の子で約73%、

女の子で約74%との報告があります。

また、私が参考にした書籍では、男女とも

約80%の確率で希望する性を妊娠したとの記述もあります。

 

▼もっと産み分けゼリーのことが知りたい方はこちら!▼

f:id:cmayumama:20180531224441p:plain

 

コメント